脊柱管狭窄症は高齢者に多い病気|手術の方法は様々

病院

腰痛の患者は多いものです

看護師

脊柱管狭窄症はMRI画像診断で判断され、これを治すには手術しか方法がないと告げられる場合が多いものです。世界的に見ても腰痛で悩む患者は非常に多く、その方面の研究は多くなされて来ていると見えます。国内でも腰痛の治療施設は多く見られます。低周波や超音波、赤外線や首あるいは腰の牽引、ローリングなど約10種類の治療方法を繰り返す方法がとられます。しかしこれらは根本的な問題解決にならない場合も多いものです。脊柱管狭窄症の場合には外国から入って来たカイロプラクティックという治療法があります。これは認定を受けた施設に限るという条件付きで治療を受けることができるものです。横になって足の角度を変えつつ痛さの反応を見ながら腰回りで神経を圧迫している部位を見つけます。そこからその圧迫を開放するのに効果的な運動を施すという方法がとられます。結果は脊柱管狭窄症でも手術を受けることなくしかも1回の診断で正常通りに戻る場合もあります。

通常行わないような急激な運動によって腰の回りに繰り返し偏重荷重がかかる場合には腰痛で腰や下肢にしびれを伴う痛みが発生する場合があります。例えば階段の上がり降りに重量物を左右のバランスの悪い状態で何回も運搬作業を続けていたりすると起こることがあります。背骨の腰椎あたりにある神経の通る脊柱管という上下に通っている管が椎間板や椎体の移動などで変形して、この管を圧迫する場合に痛みや痺れがおこることがあり、MRIによってそれが現れると脊柱管狭窄症と診断されます。これは整形外科が担当の科となりますが処置としては痛み止めのシップやお薬を処方されるのが一般的です。あるいは手術をすすめられる場合も多いとされ、その後再発を伴うかどうかはひとそれぞれとされます。