脊柱管狭窄症は高齢者に多い病気|手術の方法は様々

病院

脊柱管の働きを助ける

脊柱管に負担をかけない

病院

脊柱管狭窄症とは、背骨に囲まれた細長い管のような形をした空間のことで中には神経があり体中の部位へとつながっている脊柱管が何らかの影響で歪んだり変形することで痛みや痺れなどの症状が出ることです。神経が圧迫されて血行不良になることで、腰痛や下半身の痺れが起きます。発症の原因は、加齢が主になりますがその他にも重い荷物の持ち運びをしたり長時間の運転などをすることで起きるとされています。脊柱管狭窄症は、軽度の場合は痛みや痺れなどの症状も軽く頻度も少ないですが重度になると慢性的に痛みや痺れが出るようになり歩行が難しくなることもあります。症状が現れたら、負担をかけるような行動は避けて出来るだけ早い段階で整形外科を受診することが大切になります。

治療法を組み合わせる

脊柱管狭窄症の治療は、軽度から中度程度の症状であれば多くの場合は保存療法が用いられます。保存療法は、薬物療法や神経を一時的に遮断する注射、温熱治療や牽引治療などが一般的です。痛みが強い場合は、まずは痛みを取り炎症を落ち着かせることが大事になりますが脊柱管狭窄症は血流が悪くなっているので血行を良くすることが最も有効であると言われています。入浴を心がけて体全体を温めたり、ストレッチやエクササイズなど簡単な運動を行うことも良いと言われています。運動することは、筋肉をつけて体の血流を改善する効果があるので痛みや痺れも取れやすく症状改善に良いと言われています。ウォーキングやヨガなどの有酸素運動を行うと特に良いと言われています。