脊柱管狭窄症は高齢者に多い病気|手術の方法は様々

病院

まずは保存療法で

医者

脊柱管狭窄症の症状は患者によって軽いものから重いものまでさまざまです。手術が必要とまでいかない場合には、保存療法が用いられます。保存療法のブロック療法では、局所麻酔薬などを注入することによって鎮痛効果が得られます。

詳しくはこちら

腰痛の患者は多いものです

看護師

日本人は腰痛の悩みを抱えた患者数は非常に多く、これは世界的な傾向でもあります。左右バランスの悪い状態で重量物を運搬している場合に脊柱管狭窄症になる場合があります。整形外科が担当科になりますが、大抵の場合は痛み止めの薬やシップを処方され、手術をすすめられます。

詳しくはこちら

脊柱管の働きを助ける

病院

脊柱管狭窄症は、加齢が主な原因になりますが生活習慣の影響もあるので負担をかけないように過ごしながら症状が現れたら早めに整形外科を受診します。治療法を組み合わせ、運動することは最も有効的な治療法であると言えます。

詳しくはこちら

神経内科と整形外科の治療

脊柱管狭窄症の原因を知っておくことで、予防や対策をすることができます。こちらで治療方法やケアに関する知識を得ることができます。

神経内科の治療

男性

腰部脊柱管狭窄症は、高齢者に多発するために、高齢化社会では重要な疾患になります。こうした腰部脊柱管狭窄症の治療法には、保存療法と手術療法の2つが存在します。このうち保存療法については、複数の科で行われますが、神経内科を選択することが多いです。神経内科というのは、神経に関する疾患を、内科的な治療法で治療します。その点で腰部脊柱管狭窄症に対して神経内科では、薬物療法を行うことが一般的です。薬物療法の内容としては、これまでは非ステロイド性消炎鎮痛剤を処方することが人気でした。しかし最近はこれに加えて、神経痛用の鎮痛剤を処方することが人気です。神経痛用の鎮痛剤は、神経伝達物質の放出を抑制するので、神経痛に大きな効果が期待できます。

内視鏡による手術療法

このような神経内科で行われる保存療法に対して、手術療法は整形外科が行うことが一般的です。整形外科における腰部脊柱管狭窄症の手術療法は、いくつかの術式があります。以前までであれば、大きく切開を行っていました。しかし技術が進歩したことによって、内視鏡による手術療法が盛んに行われるようになったのです。内視鏡による手術療法は、傷口が小さいために、入院期間がかなり短縮できます。例えば切開手術であれば3週間程度入院しますが、内視鏡であれば1週間以内で済むことが多いのです。ただし固定術を行うと、2週間程度の入院になりますが、それでも切開手術よりも短くなります。したがって腰部脊柱管狭窄症の手術療法は、内視鏡を選ぶと早く退院できます。