PRINT

データ入稿も安心

デジタルデータでイラスト本を制作したい方は、印刷所が用意している入稿方法を調べておきましょう。また価格で各会社を比較する際は完成した本の送料を含めてチェックすることが大切です。中には本を業者の方で保管してくれる場所もあります。

詳しく見る

色見本

オフセット本の製作には

同人誌即売会などで他の人の本を見て、自分でもオフセットのイラスト本を製作してみたいと考えている人もいるでしょう。昔と違って今では少部数での印刷も可能となっており、1冊だけでも1000円程度の費用で印刷することが可能であり少部数なら数千円あれば十分製作することが出来ます。

詳しく見る

印刷機

完成までに必要な作業

イラスト本を作ってくれる印刷会社では本の印刷から製本までの作業を行ってもらえます。無料で資料を提供してくれたり見積もりシミュレーションができたりする業者もあるのが便利です。実際に制作してもらう際は所定のフォームから連絡を入れ、原稿を届けましょう。

詳しく見る

婦人

高品質な物を作るなら

イラスト本を作りたいときは、印刷会社に依頼すると良いでしょう。自分で製本する手間を省くことができるため、大量に用意する必要があるときに便利です。インターネットで注文できるので、いつでも申し込むことが可能となっています。

詳しく見る

冊子

業者を通して本を作る価値

イラスト本は出来るだけ多くの人に購入してもらった方が人間関係が広がります。印刷所を利用することで表紙にカヴァーもつけられますから、クオリティの高い本が完成します。また特殊加工は日進月歩進化していますから、自分の本に合う新しいものを追いかけてみましょう。

詳しく見る

多様な方法で作る

印刷機

思い描く本の形

イラストレーションを趣味にしている方の中には塗りが独特で人目を惹きつける絵を描く方がいます。こうした方がイラスト本を制作する際はフルカラーを選択すると良いでしょう。一次創作の同人誌でも表紙はカラーで中身はモノクロの本を出す方が多いですが、イラスト本であればフルカラーの方が購入者にとっても満足度が高いのです。逆に単色刷りはモノクロ処理の上手い方や線が特徴的なイラストを描く方が選択します。単色刷りと言えば白い紙に黒インクで印刷するのが一般的ですが、紙の色を変えることも可能です。またイラスト本を大量に印刷する際はオフセット印刷が向いています。オフセットは版元を鮮やかで詳細に印刷したい時に選択される方法です。こうした特徴から美術関係の本を印刷する際に良く用いられています。版元の再現性豊かなイラスト本を出版したい方はオフセット本を出しましょう。他にも価格面でお得になる印刷方法を選択したい方であればオンデマンドが便利です。オンデマンドはオフセットより少ない部数の出版物に向いており、手早く印刷できるのが特徴的です。納期が差し迫っている時はオンデマンド印刷でイラスト本を作りましょう。また印刷所で制作する本は製本方法に種類があります。ページ数の多いイラスト本を作りたい方であれば無線綴じで背表紙のある本を作ります。こうした方法であれば厚手の紙を使って印刷できるのも優れています。逆に薄目の本を制作したい方であれば中綴じを選択しましょう。